どちらも確実に対応

ウーマン

ロレックスを修理に出す場合は、正規メーカーに依頼する方法と時計修理業者に依頼する方法があります。メーカーでは幅広い製品に対応しており、修理業者は割安価格で対応してくれます。どちらにもメリットがあるので、所有者自身の状況や考え方に従い最良の選択をしましょう。

公式業者に依頼する

時計と部品

機械式ロレックスの修理は全て分解して、100個以上にもなる部品を洗浄、検査し、異常個所は交換されます。数日かけてテンプの調整をし、再組み立てた後も入念に確認検査をします。手間をかけて手入れされた時計はまるで新品のようです。

公式業者と一般業者の良さ

ウォッチ

業者を選ぶときの要点

ロレックスを修理に出す場合、ロレックス公式業者か購入店、メーカー外の業者という3つの方法が考えられます。公式業者に依頼することの最大のメリットは、公式マニュアルに沿って純正機器にて純正パーツを用いて修理されるということです。安心して任せられるという点においては一番ではないでしょうか。それから、購入店に依頼することも可能ですが自社で修理するところは多くなく、ほとんどが外部の業者へ委託しています。ですが、依頼するときに業者を選ばなくて良い、手間がかからないというメリットは大きいです。町の業者に依頼する場合は、最も修理費用を抑えられる可能性が高いです。しかし、ロレックスの純正パーツを使用するかどうか不明なため、確認してから頼むと良いでしょう。安心を選ぶのであれば公式修理業者が、低価格を選ぶのであれば町の修理業者が良いのではないでしょうか。町の修理業者は技術に差があるため、ロレックスのように高級時計を預ける際は、実績や評判などを判断材料にして比較検討します。歴史の長さは技術の高さを裏付けている可能性が高いですし、時計修理の国家資格を有する技術者がいるという業者は信頼できます。また、ホームページで職人が修理している様子を画像等で掲載しているところは顔が見える会社ということでさらに安心です。そして、インターネットで修理依頼する際は最低1年は保証が付いているか、料金は後払いかという点もチェックしたいところです。まずはいくらかかるのか、見積もりを取ってみてはいかがでしょうか。

ブランド時計を直すには

男性

ロレックスが故障をしてしまった場合には、基本的にはメーカーに修理を依頼する事が無難です。しかし、それでは予算が高くなるという事で他業者に依頼する方も多いです。その場合には業者の特徴を把握して修理の依頼をする事が最適です。